ビキニライン 痛み 原因を追跡!

スポンサードリンク

ビキニライン 痛み 原因はなんでしょうか?

 

ビキニラインの痛みについて考えてみます。

 

しこりがあったり、赤くなっていたりする場合については他の記事で書きましたが、そういうものがないのに、痛い場合ですね。

 

 

ピリッとする痛みがときどき走る。

 

ずきんずきんと割にはっきりした痛みがあり、その後も時々ずきずきする、でも、いつのまにか消えている。

 

・・・と、思ったら2か月後に同じような痛みが。

 

 

これは、いくつもの原因が考えられます。

 

 

 

整形外科的には

 

1.筋肉の部分的な炎症、おそらくごく一部の筋肉の断裂(肉離れ)によるもの

 

2.寝違えたというやつで、圧迫した姿勢で冷えたまま寝たりしたときに血行不良から筋肉に炎症が起きるもの

 

3.股関節の変形により、神経が圧迫されて痛みを感じるもの

 

4.坐骨神経などの(この場合はけっこう後ろですが)脊髄から出てくる太い神経が脊髄付近で変形した椎間板などに圧迫されて痛みを感じるもの

 

などでしょうか。

 

 

 

婦人科的には、子宮や卵巣の病期、位置異常が原因になることがあります。

 

子宮は様々な靭帯で骨盤から支えられているのですが、子宮内膜症などでこの人体と卵巣の間などで癒着が起こり、治癒過程で拘縮して子宮が引っ張られて傾いた位置に固定されることがあります。

 

その状態だと、腰痛や恥骨部痛など、子宮の痛みとは関係のなさそうな部分に痛みが走ることがあります。

 

 

これは子宮と骨盤をつなぐ靭帯の骨盤側の付着部位が引っ張り続けられることで末梢神経が刺激されることなどで起こります。

 

また、子宮内膜症は腹腔内の様々なところに癒着を引き起こしますので、痛みのバリエーションも多彩です。

 

生理痛の強い人で、脚の付け根やビキニラインのピリピリした痛みがある人は、婦人科的疾患を治療すれば軽快することがあります。

 

 

 

また、内科的というか、脱水症状が原因の場合もあるようです。

 

脱水や、排泄障害、あるいは産生亢進で尿酸値が高くなっている人の場合、関節で尿酸沈着が起こっています。

 

ここに、関節をひねる、圧迫するなどの負担がかかると、沈着した尿酸がはがれて周囲の組織を傷つけるので、けっこう鋭い痛みが走ります。

 

 

・・・ひとことでいえば、痛風発作が脚の付け根に起こった、というわけです。

 

痛風の後発部位は足の親指の付け根ですが、尿酸値が高めの人は様々な場所に沈着している可能性があります。

 

そこに外傷(ひねったり無理な体制で圧迫を受けたり)を受ければ痛風発作は出ますので、理論上、痛みは全身の関節付近で起こり得ます。

 

この場合、痛み止めを飲みながら、水分をたくさん摂取するように心がけると軽快していくケースが多いようです。

 

 

 

いずれにせよ、鼠蹊部の痛みは一過性のものの場合それほど心配いりません。

 

二週間ほど続いて消えて、その後3か月ほど同じ痛みを感じなければ、様子見でいいでしょう。

スポンサードリンク