ビキニライン 色素沈着

スポンサードリンク

色素沈着 ビキニラインの色はレーザー脱毛の時になんで問題になるの?

 

レーザーや光による脱毛処理に関わる問題です。

 

 

1.ビキニラインの色素沈着は脱毛施術をする上で問題になるのか?

 

2.脱毛施術で色素沈着が起こることがあると聞いたが本当か?

 

 

この2点について書いてみますね。

 

まず、色素沈着、くすみやシミ、あざなどがある皮膚の脱毛はできないのかという問題です。

 

 

レーザー脱毛の場合、特定の色調の色にだけ集まるようなレーザー光を用いることで、黒い毛根を焼くのが基本的なメカニズムです。

 

この時に、毛根周囲の皮膚がすごく日焼けしていたりする場合、そちらへもレーザーのパワーが注がれて、皮膚を火傷してしまう可能性があります。

 

ですから、色素沈着がある部位でのレーザー脱毛は、周囲の皮膚の色素波長を検討して出力調整するのですが、無理だと判断したら実施しません。

 

 

その場合、日焼けが引くまで待ってから施術する、あるいはニードルで毛根を一本一本焼くという脱毛に変更することもあります。

 

レーザーの出力の微調整は年々、細かくできるようになってきていますから、脱毛処理できるかどうかはその施術機関で実際に調べてもらうのが一番です。

 

 




追加料金ナシ!5月限定600円脱毛

 

 

 

次に、脱毛レーザーの施術後に色素沈着が残ることがあるという可能性について。

 

これは、可能性は少しありますが、それほど目立つことはないはずです。

 

 

実は、顔にできたシミなどをレーザー治療で消した場合、一端はシミが消えてピンク色の綺麗な肌になるのですが、そこに再び色素沈着が出ることがあります。

 

この色素沈着は、皮膚が再生するときに皮膚の細胞が色素細胞を刺激してメラニン色素を作らせるために起こります。

 

でも、この時に遮光してケアしておくことで、色素細胞はおとなしくなり、やがて周囲の皮膚との見分けがつかない同じような色になるのです。

 

(完全にわからなくなるのには3か月から6か月かかりますけど)

 

 

この創傷治癒過程の一過性の色素沈着のことが、話に尾ひれがついて、脱毛レーザーでも毛穴に色素沈着が起こるという話になってるものと思われます。

 

脱毛レーザーをすると、毛穴の中で短い毛が外に出てこれないで縮こまっていることがあり、その毛が目立つというのも噂の原因の一つでしょうね。

 

 

 

ということで、本当の部分もあれば、誤解の部分もある、そういうお話でした。

 

スポンサードリンク