ビキニライン かゆみ

スポンサードリンク

ビキニライン かゆみの原因と対策は?

 

ビキニラインがかゆいのってけっこう辛いですよね、場所が微妙なだけに人前でぼりぼり掻くわけにはいかないし。

 

職場のトイレに行って掻くにしても、かきむしっている音はとなりの個室に筒抜けですから、かきおわって「ふ〜」なんて溜息ついていると笑いをかみ殺した呼吸が聞こえてきて、出るに出られなくなったりします。

 

 

ビキニラインのかゆみの原因はいくつか考えられます。

 

一番可能性が高いのは、接触性皮膚炎、何かに対してのアレルギーなのですが、意外に知られていないのが下着に対するものです。

 

 

「え?私、シルクに対してはアレルギーないわよ?下着に限らず、よく身に着けてるけど?」

 

そう思っていらっしゃるかもしれませんね。

 

ところがね、シルクに対するアレルギーではなくて、ラテックスに対するアレルギーの可能性があります。

 

パンツの脚の出る部分のくびれ、そこに使われているゴムに対するラテックス成分へのアレルギーを起こす人が少なからずいます。

 

 

ふだん、ラテックスの手袋を使うような仕事をしている人はそれへのアレルギーで「ははあん?」と思い当たるのですが、使ってない人はわかりにくいないですよね。

 

ましてやビキニラインだけに繰り返し出てくる湿疹、なんか悪い病気、性病か何かじゃないかとか心配になって病院にも行きにくいものです。

 

 

でも、一番可能性が高いのはラテックスアレルギー、あるいは下着の成分に対するアレルギーです。

 

もしかして、新しい下着を買ってしばらくしてからその症状が出始めたのなら、かなり疑ってかかってください。

 

下着の脚が出るくびれのところは汗をかきやすい上に、すれて皮膚バリアが壊れやすいのですね。

 

蒸れて擦れたところにゴムが擦り付けられることで、アレルギー症状の湿疹と痒みが出ます。

 

 

 

対処方法は、下着を変えることです。

 

あるいは、どうしてもその下着がお気に入りなら、重ね着という手もありますね、うすでのボクサーパンツをはいて、その上からお気に入りのパンティをはくという選択。

 

それをしばらく続けてみて、ビキニラインのかゆみや肌荒れが治ってくるようであれば、下着成分、足にラテックスに対するアレルギーの可能性があるので、皮膚科に行って調べてみてください。

 

 

ビキニラインがすっきりしてないと、勝負の夜はもちろん、脱毛エステにだって気楽に行けませんからね。

 

スポンサードリンク